キャッシング消費者金融法改正

MISS YOU

一番大切なことは返済プランを立てること

キャッシングというのは、消費者金融などからお金を借りることを言います。

借りるのは20歳以上で主として職業があれば可能です。

また、法律が改正されたので、キャッシング可能な金額は年収の3分の1程度にまでになりました。

さらに、お金を貸す場合、消費者金融というのは、利息・利子が請求できる権利があります。

利息をプラスして月に一回返す必要があります。

しかしながら、すぐに借りたお金の数倍も請求されるようなことはないため心配ありません。

もし、そのようなことを業者に言われた時は警察にすぐに問い合わせしましょう。

キャッシングを仕事をしていない主婦などが利用する際は、仕事をしている配偶者の了解が必要です。

便利なキャッシング業者はいろいろありますが、キャッシングというのはさまざまなところを利用すると次に借りる場合に困難になります。

借金を返すために借金すると生活が厳しくなってしまうため、返済のプランを十分に立てておきましょう。